Memos About SalesForce

Salesforceにハマってたこと!

Sales Cloud 個人取引先

Sales Cloud知識には

取引先と取引先責任者について

問われます。

今回、個人取引先について

共有したいと思います。

欲しけりゃくれてやる・・・。

探せ!

この世の全てをそこに置いてきた〜笑

目次

有効したら

個人取引先では、
特定の取引先項目および取引先責任者項目が 1 つのレコードに結合されて、個人に関する情報が保存される

https://help.salesforce.com/articleView?id=account_person.htm&type=5

注意事項

SALESFORCE の機能 個人取引先の動作
取引先のマージ 他の種類のレコードのマージと同様に、個人取引先は他の個人取引先とのみマージできます。ポータルユーザまたはコミュニティユーザとして有効になっている個人取引先はマージできません。「重複する取引先のマージ」を参照してください。
取引先の簡易作成 Salesforce Classic の取引先のホームページで、[簡易作成] 領域の項目は、プロファイルに設定されたデフォルトの取引先レコードタイプが個人取引先レコードタイプか、法人取引先レコードタイプかによって決定されます。
取引先 個人取引先は取引先階層に含めることはできません。
個人取引先には、他の取引先または取引先責任者との直接リレーションを設定できません。ただし、取引先責任者-to-複数取引先を使用して、個人取引先と他の個人取引先、法人取引先、または取引先責任者の間接リレーションを作成することはできます。
活動 個人取引先は、[名前] 項目または [関連先] 項目のいずれかを使用して、行動または ToDo と関連付けることができます。
取引先責任者と同様、個人取引先を行動に招待できます。
ユーザが個人取引先とのミーティングを要請するには、[個人取引先] ページレイアウトに [メール] 項目を追加する必要があります。
納入商品 納入商品では、個人取引先を [取引先] 項目、[取引先責任者] 項目、またはその両方に入力できます。
キャンペーン 取引先責任者と同様、個人取引先をキャンペーンに追加でき、[キャンペーン履歴] 関連リストを設定できます。
カスタム参照関係に基づいて取引先責任者の関連リストを作成すると、個人取引先には [キャンペーンに追加] 行レベルアクションが表示されません。[すべて表示] をクリックすると、完全な関連リストが表示され、[キャンペーンに追加] 一括アクションにアクセスできます。これは Lightning Experience と Salesforce アプリケーションに適用されます([キャンペーンに追加] アクションは、Salesforce Classic では使用できません)。
ケース ケースでは、個人取引先を [取引先名] 項目、[取引先責任者名] 項目、またはその両方に入力できます。
Chatter フィード追跡 個人取引先をフォローする場合、取引先責任者項目ではなく、取引先項目をフォローします。 
コミュニティおよびポータル 取引先責任者と同様、個人取引先を、カスタマーコミュニティおよびカスタマーポータルのユーザとして有効化できます。
パートナーは個人ではなく会社を表すため、個人取引先をパートナーコミュニティおよびパートナーポータルのユーザとして有効化することはできません。
詳細は「個人取引先コミュニティユーザの制限」を参照してください。
取引先責任者 法人取引先と異なり、個人取引先には取引先責任者との直接リレーションを設定できません。ただし、取引先責任者-to-複数取引先を使用して、個人取引先と取引先責任者の間接リレーションを作成することはできます。
取引先責任者-to-複数取引先 取引先責任者-to-複数取引先は、個人取引先で機能します。つまり、個人取引先を法人取引先の関連取引先責任者または取引先責任者の関連取引先にすることができます。個人取引先は、関連取引先責任者または関連取引先として別の個人取引先に関連付けることもできます。個人取引先は常に、他の取引先または取引先責任者と間接的に関連付けられます。
カスタムオブジェクト 取引先または取引先責任者に対するリレーションを持つカスタムオブジェクトを、個人取引先の関連リストとして追加できます。
Data.com Data.com Prospector または Data.com Clean では、個人取引先はサポートされていません。
重複管理 重複ルールおよび潜在的な重複コンポーネントでは、個人取引先がサポートされています。
メールインテグレーション 個人取引先は、次の Salesforce メールインテグレーション機能でサポートされています。
Lightning for Gmail
Lightning for Outlook
Lightning Sync
Salesforce Inbox
Salesforce for Outlook
Connect Offline
メール 取引先責任者と同様に、個人取引先には個別のメールとグループメールを送信できます。
Lightning Experience では、取引先責任者リストビューから個人取引先にリストメールを送信できますが、取引先リストビューからは送信できません。
暗号化 個人取引先が有効になっている場合、取引先の一部の項目を暗号化すると、取引先責任者の対応する項目も暗号化されます。逆の場合も同様です。『Salesforce Shield Platform Encryption Implementation Guide (Salesforce Shield Platform Encryption 実装ガイド)』を参照してください。
項目の履歴 個人取引先レコードに表示される取引先および取引先責任者項目は、取引先項目履歴設定を使用して追跡できます。個人取引先の項目履歴は [取引先履歴] 関連リスト、取引先履歴レポート、および項目監査履歴で参照されます。
取引先の項目履歴では、法人取引先と個人取引先の両方が管理されます。詳細は「標準オブジェクトの項目履歴管理」を参照してください。
項目 ほとんどの標準取引先項目および標準取引先責任者項目と、すべてのカスタム取引先項目およびカスタム取引先責任者項目は、個人取引先ページレイアウトで使用できます。
一部の法人取引先項目 ([親取引先] など) と一部の取引先責任者項目 ([上司] など) は個人取引先ではサポートされません。
「取引先項目」を参照してください。
地理コード 住所の地理コードは、データインテグレーションルールを使用して個人取引先に追加することはできません。地理コードデータを個人取引先に追加するには、API または サードパーティサービスを使用します。
アイコン Salesforce Classic では、個人取引先には、個人アイコン (個人取引先) が使用され、法人取引先にはフォルダアイコン (取引先) が使用されます。
Lightning Experience では、個人取引先にはビル付きの個人アイコン (Lightning 個人取引先アイコン) が使用され、法人取引先にはビルアイコン (Lightning 取引先アイコン) が使用されます。
リードの取引の開始 [会社] 項目に値がないリードは、個人取引先に変換されます。[会社] 項目に値のあるリードは、法人取引先に変換されます。
Lightning Dialer ユーザは Lightning Dialer を使用して個人取引先との通話を発信および受信できます。
Lightning ページ 個人取引先のカスタム Lightning ページを表示するには、カスタム取引先レコードページを作成して、個人取引先レコードタイプに割り当てます。
取引先の Lightning ページを作成して組織またはアプリケーションのデフォルトとして割り当てると、そのページは法人取引先と個人取引先両方の組織またはアプリケーションのデフォルトになります。
リストビュー 個人取引先は、次を除くすべての取引先および取引先責任者リストビューに表示されます。
Salesforce Classic の [取引先責任者] ホームページの [最近の取引先責任者]
Lightning Experience の [取引先責任者] ホームページの [最近の取引先責任者]
Lightning Experience の [取引先責任者] ホームページの [最近参照した取引先責任者]
どのレコードが個人取引先かをすばやく確認するには、[個人取引先] 項目を表示する項目のリストに追加します。個人取引先をリストビューに追加またはリストビューから除外するには、[個人取引先] 項目を検索条件に追加します。
Marketing Cloud 個人取引先はサポートされますが、追加の設定が必要です。詳細情報
ニュース 現在、取引先ニュースは法人取引先でのみ使用できます。
取引先責任者の役割 取引先責任者と同様に、[取引先責任者の役割] 関連リストを使用して個人取引先を商談に関連付けることができます。
パッケージ化 個人取引先コンポーネントと属性を管理パッケージや未管理パッケージに含めることができます。
ページレイアウト 個人取引先には、固有のページレイアウトがあり、取引先項目、取引先責任者項目、取引先のカスタムリンク、取引先関連リスト、および取引先責任者関連リストを含めることができます。
個人取引先のページレイアウトでは、[上司] と [親取引先] 項目はサポートされません。「個人取引先項目」を参照してください。
Pardot 個人取引先は Pardot および Salesforce Engage でサポートされますが、Pardot インテグレーションの追加設定が必要です。詳細情報
パートナー Salesforce Classic では、個人取引先を相互に関連付けるために、[パートナー] 関連リストを使用できます。個人取引先間の関連を反映して [パートナー] 関連リストの名前を変更することをお勧めします。
プロセスビルダー 個人取引先を作成または編集すると、プロセスビルダーで作成されたプロセスがトリガされます。
クイックアクション 個人取引先ではカスタムアクションを定義できますが、一部の例外があります。詳細は「アクションの制限事項」を参照してください。
レコードタイプ システム管理者は複数のレコードタイプを個人取引先に設定できます。UI から、ある法人取引先を別の法人取引先に、またはある個人取引先を別の個人取引先に、取引先のレコードタイプを変更できます。ただし、法人取引先から個人取引先に、または個人取引先から法人取引先に、取引先のレコードタイプを変更する場合は、API を使用する必要があります。
名称変更したタブと標準項目 個人取引先レコードに表示されるタブと項目の名前をカスタマイズするには、システム管理者が取引先と取引先責任者のタブと項目をカスタマイズする必要があります。
Sales Cloud Einstein Einstein 活動キャプチャを使用して、個人取引先のメールと行動を自動的に記録できます。現在、取引先インサイトや自動取引先責任者など、他の Sales Cloud Einstein 機能は法人取引先と取引先責任者でのみ使用できます。
Salesforce to Salesforce Salesforce to Salesforce を使用して、個人取引先レコードを共有できます。詳細は「Salesforce to Salesforce での項目の対応付けのベストプラクティス」を参照してください。
検索 Lightning Experience と Salesforce アプリケーションでは、個人取引先が、取引先の検索結果と取引先責任者の検索結果の両方に表示されます。Salesforce Classic では、個人取引先は取引先の検索結果にのみ表示されます。
検索結果でユーザが個人取引先と法人取引先を区別しやすいように、システム管理者は [個人取引先] 項目を該当する検索結果に追加できます。
セルフ登録ユーザ ユーザがセルフ登録したら、このユーザを法人取引先の取引先責任者として保存するか、セルフ登録ユーザごとに個人取引先を作成することができます。
詳細は「セルフ登録ユーザの個人アカウントの作成」を参照してください。
セルフサービスポータル 取引先責任者と同様、個人取引先を、セルフサービスポータルのユーザとして有効化できます。
メモ
メモ Spring '12 以降、新しい組織ではセルフサービスポータルを利用できません。既存の組織は、引き続きセルフサービスポータルを使用できます。
共有設定 個人取引先を有効にしている場合は、取引先責任者が「親レコードに連動」するように、または取引先および取引先責任者が「非公開」となるように組織の共有設定を設定する必要があります。
ソーシャル取引先、取引先責任者、およびリード 取引先責任者と同様に、個人取引先はソーシャルネットワークプロファイルにリンクできます。
ストレージ それぞれの個人取引先は、1 件の取引先と 1 件の取引先責任者で構成されるため、個人取引先は、取引先と取引先責任者両方のストレージにカウントされます。
ワークフロールール 個人取引先を作成または編集すると、取引先ワークフロールールが起動します。