Memos About SalesForce

Salesforceにハマってたこと!

Salesforce 送信変更セット 遅い? 早い方法共有

リリース作業は大変ですね。お客様が営業時間外でやるし いらいらしませんか、今回、Ant移行ツールによってリリースする早い方法を共有したいと思います。

変更セットでリリースを行っている方はそろそろ、早いリリースする方法を手に入れたほうが仕事が早いでしょう

そこで、この記事を書きました。

目次

Ant移行ツール準備

Ant移行ツールでリリースをするなら、まず、Ant移行ツールPCに用意する必要があります。

Java JDKをインストールする

Ant移行ツールを使うにはJava JDKをインストールする必要がります。 インストール先にアクセスし、Java JDKをインストールしてください。

インストールしてから、windowsなら、コマンドプロンプト

java -versionと入力し、Endterを押下後に確認できます。

f:id:jude2016:20190204132738p:plain
Java And Antの確認

Antをインストールする

Apache Ant のバージョン 1.6 以降をリリースマシンにインストールする必要があります。 Apache Antにアクセスし、Apache Ant のバージョン 1.6 以降のものをリリースマシンにいれましょう。

確認コードはant-versionです。

f:id:jude2016:20190204132738p:plain
Java And Antの確認

環境変数設定 (ANT_HOME、JAVA_HOME、PATH など)

環境変数設定をするには、Windows10なら、下記でアクセスできます。

コントロールネルー>システムとセキュリティー>システムー>システムの詳細設定で詳細タブの画面の一番したにある環境変数ボタンを押下する、

f:id:jude2016:20190204133634p:plain
環境変数新規へのアクセス例

f:id:jude2016:20190204133533p:plain
JAVA_HOMEって環境変数の設定例

ANT_HOME環境変数も同様に設定すれば、よいです。

変数名
JAVA_HOME 自分がインストールした場所のフルアクセスパス
ANT_HOME 自分がインストールした場所のフルアクセスパス

サンプルのリリース用フォルダとソースをダウンロード

サンプルダウンロードはこちらへ

サンプルフォルダの中身は下記になります。

  • ツールの使用方法を説明した Readme.html ファイル

  • Ant タスクを含む Jar ファイル: ant-salesforce.jar

  • 次の内容を含むサンプルフォルダ:

a.SampleDeployClass.cls と SampleFailingTestClass.cls を含む codepkg\classes フォルダ

b.SampleAccountTrigger.trigger を含む codepkg\triggers フォルダ

  1. 使用するカスタムオブジェクトを含む mypkg\objects フォルダ

  2. 組織から例を削除するための XML ファイルを含む removecodepkg フォルダ

  3. build.xml の Ant タスクを実行するための認証情報を指定するサンプル build.properties ファイル

  4. deploy および retrieve API コールを実行するサンプル build.xml ファイル

自分の環境にあった設定を行う

ダウンロードしたフォルダ内にbuild.propertiesファイルがあります。 中にはSalesforce 本番組織ユーザ名およびパスワードを、sf.user と sf.password 項目にそれぞれ入力します。

インスタンス名は注意する必要があります。

インスタンス
本番 https://login.salesforce.com
Sandbox https://test.salesforce.com

ここまで、自分のリリース先の環境のユーザ名とパスワードをbuild.properties ファイルに入力したので、リリースアクセスはこれで問題がないはずです。

f:id:jude2016:20190204135133p:plain
build.properties ファイルの設定例

ダウンロードしたフォルダにcodepkgフォルダがあります。 リリースしたいプログラムをここに置きます。

中にはクラスフォルダとトリガーフォルダを分けています。 そして、package.xmlファイルがあり、このxmlファイルの記載はクラスフォルダとトリガーフォルダの中身を全部記述する必要があります。

つまり、package.xmlファイルの記事は=クラスフォルダとトリガーフォルダのファイル名、

例えば、クラスは10本あり、package.xmlファイルは3本しか記述していないとかダメ

リリース先の環境にアクセス用ファイル:build.properties ファイル 設定済み

リリース先の環境に入れたいプログラムをクラスフォルダやトリガーフォルダにおいて、codepkgフォルダの中のpackage.xmlファイルに記述済み

f:id:jude2016:20190204135923p:plain
codepkgフォルダの構成

これで、リリースしようと思います。

コマンドプロンプトでダウンロードしたファイルのところに移動して

f:id:jude2016:20190204140053p:plain
ダウンロードしたファイルの場所

コマンドプロンプトでcd半角スペースダウンロードしたファイルのパス enter押せば 移動できます。

f:id:jude2016:20190204140433p:plain
移動例

リリースしますよー

続きでコマンドプロンプトでant deployCodeと入力しenter押せばリリースが行います。ここで略します。

f:id:jude2016:20190204140659p:plain
リリース例

終わりに

注意点:

「ant deployCode」は小文字、大文字の区別があり、完全一致でこのワードを入力してください。

ant deployCode命令はBuilt.xmlファイルに記載している、そこを確認してください。

エラー出る場合、codepkgフォルダにはクラスフォルダやトリガーフォルダおよびpackage.xmlファイルの記述を一度確認してください。同じように記載することが大事です。

参考公式サイト