Memos About SalesForce

Salesforceにハマってたこと!

Salesforce Trailhead モジュール:Platform アプリケーションビルダー資格の更新 (Summer '18)

f:id:jude2016:20180815184430p:plain

こんにちは、管理人の@Salesforce.Zです。

更新には難しかった感じです。

まず、フローを使ったことはなかった

ハードですね

そこで、今回、フローを使い、

リリースすることについて

共有したいと思います。

欲しけりゃくれてやる・・・。

探せ!

この世の全てをそこに置いてきた〜笑

目次

フローとは

プロセスビルダのもっと柔軟性バージョンかと思います。 なんでも、自分でやるからな そもそも、フローを使ったこともない(汗)

じゃ

簡単フロー勉強

激おすすめ(金量を含む):

quip.com

上記を一通りにすれば、通らないことはないでしょう

リリースフロー作成

概要

  1. sObjectコレクション変数のあるフローを作成

    1. 名前:Compare Contacts vs emps
    2. 種別:画面フロー
  2. フローでは取引先責任者数と従業員数(NumberOfEmployees)項目の比較を行います。

  3. 値が同じであれば、「There are the same number of Contacts and Employees.」というメッセージを表示します。
  4. 値が異なれば、「The number of Contacts and Employees are different.」というメッセージを表示します。
  5. フローには、取引先に関連する取引先責任者を格納するための「contactCollection」という名前の sObjectコレクション変数を含めてください。
  6. フローには「Find Contacts」という名前の高速検索画面を含めてください。
  7. フローには「Find Number of Contacts」という名前の割り当て要素を含め、割り当て先となる変数名は「numOfContacts」としてください。(演算子、値には適切な値を設定してください)
  8. フローには「Find Number of Emps」という名前のレコードの検索要素を含めてください。
  9. フローには「Are numOfContacts and numOfEmps Equal?」という名前の画面要素を含めてください。
  10. フローには「Equal」という名前と、「Not Equal」という名前の画面要素を含めてください。
  11. フローを有効化します。
  12. 取引先レコードページに、「Compare Contacts vs Emps」という名前でフローコンポーネントを追加します。
手順

公開できません。

注意点としては各要素の「一意の名前」は、全て自動入力されたものを使用してください