Memos About SalesForce

Salesforceにハマってたこと!

Sales Cloud データの品質 Data.com機能

Data.comについて
今日、共有したいと思います。


欲しけりゃくれてやる・・・。

探せ!

この世の全てをそこに置いてきた〜笑

目次

Data.comの設定

設定=>クリック検索ボックスに【Data.com】と入力すれば、早い
f:id:jude2016:20180731100153p:plain

リードを例に試す

事前作業:リードのページレイアウトにクリーンアップボタンを表示させる必要がある
f:id:jude2016:20180731103142p:plain
リードの詳細ページ上にあるクリーンアップボタンを押下して

Data.comにデータがない場合に

状況をクリーンアップ:未比較➡該当なしになる

クリーンアップできるのが

  1. 取引先
  2. 取引先責任者
  3. リード

クリーンアップもスケジューリング

レコードのクリーンアップ状況を最新に保つには、

レコードを Data.com と比較する自動ジョブをスケジュール設定します。

ジョブはスケジュール設定に従ってキューに入れられ、取引先、取引先責任者、リードごとに独立して実行されます。
f:id:jude2016:20180731103919p:plain

取引先・取引先責任者・リードの項目がData.comとの対応付け設定画面

f:id:jude2016:20180731104441p:plain

ユーザラインセンス調査にはSOQL

Map<Id,Profile> profileIds = new Map<id,profile>([SELECT Id,UserLicenseId FROM Profile where UserLicenseId  in (SELECT Id FROM UserLicense where name ='Salesforce')]);

for(user userData :[select id,UserName from user where profileId in:profileIds.Keyset()]){
    System.debug(userData.UserName);
}

これで、SalesForceってラインセンスを使っているユーザの情報を出せる、もちろん組織情報からも確認できるが、

それが、使用できる数と残の数だけだから、プログラムで抽出する必要がためにいる

念のため、メモとく