Memos About SalesForce

Salesforceにハマってたこと!

- About Salesforce Post Blog -

Salesforce クイックアクションメール送信 定義済み項目値 数式 カスタム設定

クリックアクションで定義したメール送信について

メモします。

同じ問題の人なら、ご参考にしてください

目次

メール送信アクション

メールアクション編集権限

このページでこのアクションは実行できません」のエラーにあったことがありまか

f:id:jude2016:20181214115613p:plain

こんな場合の対策は設定ー>メールー>送信というアクセス方法で

メール送信の権限を「すべてのメール」に変更しない場合のエラーです。

f:id:jude2016:20181214115736p:plain

・エラーのもう一つ考えれらる原因 メールアクションのレイアウトに対象項目を表示させていないこともエラーになる

メール送信の送信先にデフォルト値を設定する

設定方法はオブジェクト固有アクションのメール送信での

定義済み項目のところで数式を使い設定すれば、可能

アクセスは取引先責任者を例に下記の写メになります。

f:id:jude2016:20181218104557p:plain

f:id:jude2016:20181218104647p:plain

デフォルト値を保持する場所はカスタムラベルやカスタム設定に保持できる

※現在のところ:カスタムメタデータは定義済み項目の数式からアクセスできない

最後に

メール送信のアドレスにユーザを選んで名前を表示させたいであれば

アドレスを取引先責任者やリードに持たせたら、可能だが、データ運用を整理した上で使用したほうがいいと思います。

例:メールアドレス用の取引先を登録し、複数のアドレスデータを持つ取引先責任者を紐づく、メール送信で選んだら、名前が表示になり、見た目が分かりやすくなる