Memos About SalesForce

Salesforceにハマってたこと!

SFDC レコード所有者変更時 共有設定の動き

sfdc のレコード所有者は

変更できます

しかし、

共有設定を使っている組織が

その時にどう挙動するだろう

今回、レコード所有者を変更する時に

共有設定の挙動について

共有したいと思います。

目次

ユーザによる共有管理 (共有の直接設定)

ユーザによる共有管理により、レコードの所有者や、レコードに対するフルアクセスを持つユーザは、ユーザまたはユーザグループとレコードを共有できます。

一般にこの処理は、エンドユーザが単一レコードに対して実行します。

レコードの所有者とロール階層内でその所有者の上位にあるユーザにのみ、レコードに対するフルアクセスが付与されます。

他のユーザにフルアクセスを付与することはできません。

特定のオブジェクトに対するオブジェクトレベルの「すべて変更」権限を持つユーザは、レコードを手動で共有することもできます。

レコードの所有者が変更された場合や、共有で付与されたアクセス権でオブジェクトの組織の共有デフォルトアクセスレベルを超える追加アクセス権が許可されない場合に、ユーザによる共有管理が削除されます。

レコード所有者を変更したら、

関連する手動共有設定がリセットされる。

オブジェクトの組織の共有設定が非公開の場合

オブジェクトの組織の共有設定が非公開に設定されている場合、そのオブジェクトのレコードの所有者を変更した後にエラーが表示されます。このエラーが発生するのは、該当のレコードへのアクセス権がなくなるためです。このエラーは無視して問題ありません。

参考サイト

共有の理解

レコードの所有者の変更