Memos About SalesForce

Salesforceにハマってたこと!

- About Salesforce Post Blog -

Visual Studio Code SFDX Salesforceを開発する

こんにちは、管理人の@Salesforce.Zです。

開発ツールはプログラマーにとって命といっても過言ではないでしょう。

Salesforce公式拡張機能である【Salesforce Extension Pack】、ついすべての組織に対応しました yeah!!!(リリースノート)

これまでEclipseやMavensMateとsublime Text3の組み合わせで開発をしていたが、Eclipseは重くて、Mavensmateの開発も終了してしまい、そこで VS CodeSalesforceの公式拡張機能Salesforce Extension Pack)を用いて この開発環境構築手順を紹介します。

目次

開発環境構築

VS Codeのインストール

最新版のをダウンロードし自分のPCにインストールしてください Visual Studio Code

※エンジンニアだから、どうダウンロードする、インストールのを略します。

PCにいれてから、アプリが起動し、下記のような画面になります。

f:id:jude2016:20190325180620p:plain
VS Code画面

Salesforce CLIのインストール

CLIとはコマンドラインインターフェースの略です。

# オペレーティングシステム(O.S.) インストール先
1 Mac OS https://sfdc.co/sfdx_cli_osx
2 Windows 32-bit https://sfdc.co/sfdx_cli_win
3 Windows 64-bit https://sfdc.co/sfdx_cli_win64
4 Debian/Ubuntu 64 https://sfdc.co/sfdx_cli_linux
5 Debian/Ubuntu x86 https://sfdc.co/sfdx_cli_linux_x86

インストールしたかどうかを確認するには

windowの場合 コマンド プロンプトを立ち上がって

そのまま 【sfdx】を入力し【Enter」キーを押下する

こうしたら、コマンドプロンプトに下記のような内容が表示される

Usage: sfdx COMMAND
Help topics, type sfdx help TOPIC for more details:
force    tools for the Salesforce developer
help     display help for <%= config.bin %>
plugins  add/remove/create CLI plug-ins
update   update the sfdx CLI

Salesforce Extension Pack

Salesforce Extension PackのインストールはVS Codeの画面上から行います。

下記のような赤枠ところを探します。

f:id:jude2016:20190325182412p:plain
拡張機能アイコン

アイコンをクリックしてから、「Salesforce Extension Pack」を下記のように入力します。

f:id:jude2016:20190325182658p:plain
Salesforce Extension Pack入力

拡張機能が一覧に表示され、インストールを行います。

f:id:jude2016:20190325182914p:plain
インストール

ショートカットキー

Mac OS なら Command + P

Windowsなら Ctrl + P

で、さらに「?」を入力するとコマンド一覧が出てくる

f:id:jude2016:20190325183149p:plain
コマンド

VS CodeでSFDCのプロジェクト作成

Mac OSなら Command + Shift + P

Windowsなら  Ctrl + Shift + P

で、パネルを表示させ、「SFDX: Create Project」を入力しEnterキーを押下します。

「プロジェクト名を入力してください」ような文言が表示されるため、

任意のプロジェクト名を入力しEnterキーを押下する

それから、プロジェクトのソースをどこに保存するため、フォルダを選択する。いつもの場所でよいです。

ここで終わりではありません。

なぜなら、VS CodeはSFDCと接続できていないです。

VS Codeの画面の左下にあるのように

f:id:jude2016:20190325183804p:plain
VS Codeの左下

上記のように赤枠のところをクリックして、VS Codeのインターフェースの上に下記のように表示されます。

f:id:jude2016:20190326110956j:plain
VS CodeとSFDCの組織を接続する

赤枠の「+SFDX:Authorize an Org」を選択する

こうしてから、下記のようになり、本番やテスト環境を選択するに進みます。

f:id:jude2016:20190326111423j:plain
対象組織を選択する

接続したい対象組織を選んでから、VS Codeの画面の右下に

Salesforce CLIが動作し、ブラウザを自動的に立ち上がり、対象組織の

・ユーザ名を入力する

・パスワードを入力する

VS CodeSalesforce CLIを用いて自動的に立ち上がったブラウザタブで入力すること

VS Codeは下記のようになります。(画面の右下)

f:id:jude2016:20190326112109j:plain
Salesforce CLIが動作し、SFDCに接続する

Salesforce CLIが立ち上がったブラウザで下記のようユーザ名とパスワードそれぞれを入力します。

f:id:jude2016:20190326112602j:plain
対象組織のユーザ名とパスワードを入力する

ログインできたら、下記のようになります。「許可」にして

f:id:jude2016:20190326112938j:plain
Salesforce CLIにアクセス権を付与する

接続できたら、下記になります。VS Codeの一番下の辺

f:id:jude2016:20190326113053p:plain
接続できたイメージ

終わりに

VS Codeで開発を試しましょうか。公式的に対応しているし。

参考サイト 公式サイト