Memos About SalesForce

Salesforceにハマってたこと!

SFDC 詳細ページボタン WebServiceの使用例

SFDC

のカスタムボタンやカスタムリンクを作成し、

JavaScriptを実行することができます。

このオブジェクト固有アクションを利用してApexクラスの処理を実行することも可能です。

今回、オブジェクト固有アクション・詳細ページボタンとWebserviceの使用について

共有したいと思います。

欲しけりゃくれてやる・・・。

探せ!

この世の全てをそこに置いてきた〜笑

目次

詳細ページボタン

1:ボタンを実装したいオブジェクトに移動
2: ボタン、リンク、およびアクションリンクに行く
3:新規ボタンまたはリンクをクリック
4:設定ガイダンス通りに設定、サンプルは下記になります

ボタンのJS例
{!REQUIRESCRIPT("/soap/ajax/38.0/connection.js")}
{!REQUIRESCRIPT("/soap/ajax/38.0/apex.js")}

if (window.confirm('何をしますか')) {
    var result = sforce.apex.execute ( 'myclass', 'method', {parameId:'{!sobject__c.Id}' } );
    alert(result);
    location.reload();
}
MyClassの例
global with sharing class MyClass{
    WebService static String method(String parameId){
             // 処理:大体IDを使ってクエリして、DMLの操作を行う
             String retult;//処理結果MSGとか
             return retult;
    }
}