Memos About SalesForce

Salesforceにハマってたこと!

アプリケーションビルダー移行試験関連(パッケージ)

salesforce.com (略称sfdc)のパッケージとは、開発するアプリケーションや機能の要素であるコンポーネントをまとめたものです。パッケージは通常、コンポーネントを自社以外の企業に配布する目的で作成します。 そして、パッケージには 未管理パッケージと管理パッケージがあります。

目次
  • パッケージ種類
  • 未管理パッケージ
  • 管理パッケージ
未管理パッケージ

未管理パッケージは、テンプレートのように 1 度のみ配布を行う場合に使用し、アプリケーションのコンポーネントやコードサンプルを共有する場合に最適です。インストールされるのは、コンポーネントからは独立したコピーです。

特徴:コードにアクセス、編集できる

ここから重要です。 未管理パッケージについて試験に出る傾向まとめ(個人観点)

・開発者がコードを拡張できる

・作成者は、ユーザがインストールしたパッケージをコントロールすることはできません

・未管理パッケージでは名前空間は使用しません。

・アンインストールできる

・パッケージ内のタブやオブジェクトは組織の制限値に入る

・Sandbox から本番環境へ移行する場合には、未管理パッケージは絶対に使用しません。  

代わりに、Force.com IDE または Force.com 移行ツールを使用します。

(試験には本番組織へのリリース時にユニットテストは動作しないとか問題としてでる)

未管理パッケージを作成およびアップロードする UI を使用して未管理パッケージをアップロードする手順は、次のとおりです。(Tooling API を使用してパッケージをアップロードすることもできます。サンプルコードと詳細は、『Tooling API Developer Guide』の PackageUploadRequest オブジェクトに関する説明を参照してください)。 1:パッケージの作成   

  • [設定] から、[クイック検索] ボックスに「パッケージ」と入力し、[パッケージ] を選択します。
  • [新規] をクリックします。
  • パッケージの詳細を入力します。
  • [保存] をクリックします。

2:必要なコンポーネントをアプリケーションに追加します。

3:[アップロード] をクリックします。 パッケージが正常にアップロードされると、インストールリンクが含まれたメールが送信されます。

管理パッケージ

一方、管理パッケージでは知的財産保護が施されているほか (未管理パッケージとは異なり、多くのコンポーネントソースコードが非公開)、パッケージの作成者がパッケージのアップグレードを提供する手段も用意されています。

管理パッケージは商用アプリケーションの配布に適しており、ライセンスの取得を要求する機能もサポートしています。

特徴:コードにアクセスできない、編集できない、パッケージ所有者の知的財産権が保護されます。

あとは普通のパッケージと同じく、ダウロードして使うイメージ。基本は編集できない。