Memos About SalesForce

Salesforceにハマってたこと!

Salesforce Lead 取引開始の項目対応付け

こんにちは、管理人の@Salesforce.Zです。

Salesforceでは、リード(Lead)とは、あなたの商品やサービスに興味がある人です。潜在顧客とも言えます。

リードを変換するときに、リードの項目を取引先責任者、取引先、個人取引先、商談の項目に変換することができる。

リードレコードを変換すると

★リードの標準項目が

・取引先

・取引先責任者

・個人取引先

・商談

の項目に対応付けられます。

★カスタム項目を使用する場合は

システム管理者が、新しく作成されたレコードで対応付ける項目を指定します。

目次

リードの活動

リードの取引の開始をしたら、

リードの活動は取引先と取引先責任者に、いずれも引き継がれる。

リードの取引開始時、リードに添付されているファイルおよび関連レコードは、生成される取引先責任者、取引先、商談のレコードに添付されます。リードの次の関連リストの項目は、取引開始中に、新規または既存の取引先責任者、取引先、商談に引き継がれます。

f:id:jude2016:20190219154443p:plain
リードの「取引の開始」によって、引き継がれる対象一覧

リードトリガでの取引の開始実装

カスタマイズのため、更新トリガーで実装するになると思います。

testObje__cってカスタムオブジェクトがある前提とします

リードと取引先の参照項目があるとします。

リードが取引の開始を行うと、リードレコードが更新されるため

更新トリガで動作し、isConvertedで各種設定ができます。

サンプル

trigger LeadTrigger on Lead (before update) {
    for (Lead lead : Trigger.new) {
        if (lead.isConverted) {
            // リードにひもづくカスタムオブジェクトを取得
            testObje__cobj = [SELECT Id FROM testObje__cWHERE Lead__c = :lead.id];
            
            // ConvertedAccountIdを使って取引先とひもづける
            obj.account__c = lead.convertedAccountId;
            update obj;
        }
    }
}

参考文献

Salesforce Document